錯視アート 六花亭 錯視デザイン

 
     
     
六花亭バレンタインラウンドハート
Round Hearts for St. Valentine's Day
      
     
       東京大学大学院教授 新井仁之  
                 
                 
                 
   270年頃の2月14日。ローマのキリスト教聖職者であるヴァレンティヌスが殉教したと言われています。当時、兵士の結婚はローマ皇帝により禁止されていました。結婚すると士気が下がるというのがその理由だったようです。しかし、ヴァレンティヌスはそれに背いて、兵士の結婚式を行いました。そのため処刑されてしまったのです。  
   その後、2月14日は、いつしか想いをよせる人や、親しい人にカードや花などを贈る日になりました。そして日本では、女性が男性にチョコレートをプレゼントする日として定着しました。  
                 
   そんなバレンタインデーチョコレートの缶のために、浮遊錯視アートを創ってみました。六花亭のバレンタインラウンドハートです。缶に顔をゆっくりと近づけたり遠ざけたりすると、ハートが浮遊して見えます。   
     
   ちょっと言葉をかけにくい人にも、  
    『ほら、動いて見えるよ。』          
   ・・・ 話のきっかけができるといいですね。       
                 
RokkateiRoundheart2017
  2017年バージョン  
  画像に顔をゆっくりと近づけたり遠ざけたりすると、ハートが浮遊して見えます。  
  缶の中はハート型の五つの味のチョコレートの詰め合わせです。  
  錯視デザイン作成:新井仁之、新井しのぶ  
                 
2016年版バレンタインラウンドハート
2016年バージョン
  見方は2017年バージョンと同じです。   
  錯視デザイン作成:新井仁之、新井しのぶ  
                 
缶の中身
  缶の中にはカラフルなハート型チョコが入ってます。  
                 
  バレンタイン ラウンドハートは六花亭の2016年2月のカタログの表紙にもなりました。    
                 
RokkateiCatalogue
  六花亭カタログ(2016/2)の表紙の写真  
                 
錯視アートチョコレート
2015年バージョン
  見方は2017年バージョンと同じです。  
  錯視デザイン作成:新井仁之、新井しのぶ  
                 
錯視アート商品
  2014年バージョン   
  見方は2017年バージョンと同じです。  
  錯視デザイン作成:新井仁之、新井しのぶ  
                 
yomiuriNP
  2014年2月28日の読売新聞朝刊で取り上げられました。ラウンドハート誕生の経緯も記されています。  
                 
  バレンタイン・ラウンドハートの前身は、じつは2013年のホワイトデー用に発売されたラウンドハート・ホワイトデーバージョンでした。これは、発売後、AUTM 2013 Kyoto という国際展示会でJSTにより展示されました。  
                 
AUTM JST
                 
                 
                 
                 
                 
                 

                 
  六花亭の販売情報(2月14日まで)。  
  http://www.rokkatei.co.jp/products/index_vt.html  
   こちらもご覧ください(日本科学未来館のTwitter)  
                 

                 
  缶の錯視デザインについて        
           
   缶の錯視デザインは、浮遊錯視生成プログラム(特許、発明者:新井仁之・新井しのぶ、出願人:科学技術振興機構)を使いました。このプログラムは、数理視覚科学のの実用的応用の一つです。  
   従来の錯視デザインは、できあいの錯視を利用して作られてきました。しかし今回の発明により、旧来の  
  『錯視に合わせてデザインをする』  
  という方法を脱却し、  
  『デザインに合わせて(浮遊)錯視を作る』  
  ということができるようになりました。  
     
   本技術は、従来のように、単にできあいの錯視図形を用いてデザインをしていた時代から、メーカーさんと相談しながらニーズにあった(浮遊)錯視を作っていくという新時代の幕を開けたといえるでしょう。  
   メーカーさんと相談しながら、デザインに合わせた浮遊錯視を作り、さまざまなパッケージや包装紙を製作していくことができるようになりました。  
                 
                 
        本技術に関心のあるメーカさんへ   
         

錯視の科学館の外部からアクセスしている方は,次をクリックしてください.錯視の科学館入口です
 
  錯視の科学館