線形代数 基礎と応用       
                 
      新井仁之       
                 
    なぜ線形代数を学ぶのでしょうか?     
    この問いに対する著者の答えは次のものです.     
                 
   『 現代社会では,科学技術はもちろんのこと,多くの分野で,さまざまなデータを解析することが必要になる.扱うデータの個数は,たとえばアナログ信号のように非可算無限個の場合もあるが,現実的には有限個の場合が多い.またかなりの頻度でコンピュータを使った解析が行われるが,しかしコンピュータが扱えるデータの個数は有限個である.そのため,有限個のデータを扱う数学の重要度が今日では急速に増してきている.現代では分野にもよるが,有限データに関する数学のかなり高度な素養を身に着けておくことが要求されている.たとえば,情報処理,画像解析,時系列,統計学などを扱う分野などがその例であろう.        
   
   
   
   
   
   このような有限データを扱う数学は何か?じつはその一つが線形代数なのである.著者は次のように考えている.      
   
                 
    無限個のデータを扱う数学が解析学であり,有限個のデータを扱う数学が線形代数である.     
       
                 
  このような理由から,これからの社会で生活していく大学生諸君が,大学で線形代数と解析学を学んでおくことは,たいへん望ましいことであるといえよう.   
   
          2005年7月 新井仁之 』   
      本書「はじめに - 線形代数をなぜ学ぶのか」より抜粋   
         

 目次            訂正