早稲田大学 教育・総合科学学術院

新井仁之研究室 H. Arai's Lab

         
                   
  研究テーマ 応用調和解析、数理視覚科学とその画像処理への応用・人工知能との関連 
                   
                   
  本研究室では、学部ゼミで応用数学または数理視覚科学に必要な数学と数理視覚科学の基礎を学び、大学院(教育学研究科)で数理視覚科学あるいは関連する応用数学を研究します。   
高校生、学部新入生の方へ:高校生向けの入門講義(数理視覚科学入門)も公開中です
                   
                   
  Message            
   この十数年、数学は新たな展開を見せています。それは数学の科学・技術・産業・芸術への応用です。私は特に脳と視知覚について先端的な数学を使った数理視覚科学とその応用を研究しています。「脳」は現代科学のファイナル・フロンティアの一つです。私の研究テーマは、脳の中の視覚に関する部分の数理モデルの構築、人の視覚を超える「超視覚システム」の開発、画像処理、視覚芸術への応用、人工知能(AI)との相互関連などです。また同時にこれらの基盤となる数学そのものも創り研究しています。
 知覚心理学も関係するので、その意味では文理融合型研究の側面も色濃くあります。
 本研究室での学習・研究を、科学・技術・産業・芸術への活用は勿論のこと、数学教育の現場でも役立たせることを期待してます。
 
         
                   
研究図式
      研究相関図      
                   
  What is Mathematical Vision Science?          
  数理視覚科学の概説。こちらをご覧ください     
                   
                   
  Activity (ゼミは3年・4年の2年間続きます)        
  2020年度3年ゼミ        
  詳しいゼミ案内はこちら.        
           
           
  2019年度3年ゼミ(学生5名)  
  基礎テキスト:山田功、工学のための関数解析、サイエンス社.  
                   
  2019年度4年ゼミ-2018年度3年ゼミ(学生5名)  
  基礎テキスト:A. Bogges and F. J. Narcowich, A First Course in Wavelets with Fourier Analysis, 2nd ed., Wiley.
(ほぼ1冊読了)
 
  テキスト:新井仁之、ウェーブレット、共立出版.  
                   
  2018年度4年ゼミ(学生6名)  
  テキスト:E.M.Stein and R. Shakarchi, Real Analysis, Measure Theory, Integration, & Hilbert Spaces, Princeton Univ. Press.
(ほぼ1冊読了)
 
  (なお2018年度4年ゼミは、2018年に退職された教員の3年ゼミからの引き継ぎ)  
                   
                   
  Gaduates            
  大学院進学、企業就職、教職など(本ゼミでは就職の斡旋はしていません)  
                   
                   
  Who is Arai ?        
  プロフィール、履歴、研究活動、教育活動についてはこちらをご覧ください。  
                   
                   
  NEWS        
  2020年度早稲田大学大学院教育学研究科パンフレットで新井研究室の研究指導内容が取上げられました。  
  早稲田祭2019で展示『わせだイリュージョンミュージアム』を開催しました。  
                   
                   
  ゼミ連絡先(ゼミ関係に限る)         

    本サイトの画像・文の一部・全部の無断転載はご遠慮ください。