プロフィール        
                 
  新井仁之 (ARAI Hitoshi)          
                 
  現職 東京大学大学院数理科学研究科 教授    
  学位 理学博士           
  専門 応用数学、数理視覚科学       
  キーワード 脳・視覚・画像処理・数学  
                 
  自己紹介            
                 
   1959年生まれ。  
   1972年に獨協中学・高等学校のドイツ語組に入学。ドイツ語組は吉田松陰の弟子の品川弥二郎をはじめ、桂太郎西周らが創った獨逸学協会学校以来の流れを汲むクラスで,中学1年からドイツ語が第一外国語となっていました。しかし、中学2年の秋に獨協を退学。ドイツのボンにある Nicolaus Cusanus Gymnasium に入学し、約1年そこで教育を受けました。ドイツでは哲学を独学で学び始めました。帰国後、再び獨協に編入学。中学3年のときにカントの『純粋理性批判』を読み取憑かれ、中・高校では校長でドイツ文学者の小池辰雄先生、名誉校長で哲学者の天野貞祐先生の影響のもとに、哲学・認識論の勉学に専念しました。      
   
   1978 年に早稲田大学教育学部に入学。数学者の和田淳藏先生のもとで純粋数学を学びました。   
   1982 年に早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻の修士課程に進学、1984年に同博士課程に進みました。しかし、翌1985年には教育学部に助手として戻ることになり、同じ大学内で教育学部では教員として、理工学研究科では大学院生として過ごしました。    
   1986 年に東北大学理学部の数学科の助手に招かれ、早稲田は中退。仙台に移住し、確率論と微分幾何学と解析学の融合領域の研究を行いました。その間、プリンストン大学数学科客員研究員、東北大学理学部講師・助教授を経て、  
   1996 年に東北大学大学院理学研究科の数学の教授となりました。   
   
   1999年に東京大学大学院数理科学研究科の教授に招かれ、再び東京に移住。東大では脳内で行われる視知覚の情報処理のメカニズムや視覚が起こす錯覚(錯視)の研究を始めました。そして視知覚や錯覚を先端的数学、脳科学、神経科学、知覚心理学、コンピュータ・ビジョンなどを使って総合的に研究し、さらにその成果を実用的な技術に結晶化する新分野 『数理視覚科学』 を提唱、以来その研究を進めています。  
   数理視覚科学の研究により、これまでに世界で初めて       
                 
  *幾何学的錯視の錯視量の自由な制御(新井・新井 2005)  
  *任意の画像の浮遊錯視画像への変換(新井・新井、特許取得 2012, 米国等特許取得 2014, JST)、  
  *媒体、画像データ(新井・新井、特許取得 2013, JST)  
  *スーパーハイブリッド画像関連(新井・新井、特許取得 2013, JST)  
  *文字列傾斜錯視の自動生成(新井・新井、特許取得、2014, JST)   
  *色の錯視の分析装置(新井・新井、特許取得、2014, JST)  
  *新しい画像処理方法(新井・新井、特許取得、2014, JST)   
  *ディジタル・フィルタ群の新しい設計方法等(新井・新井、特許取得、2014, JST)  
  (他にも国内外で新井・新井による出願中特許あり)  
                 
  などに成功しました。        
                 
                 
  受賞歴           
 
2014年4月
科学技術団体連合 第8回科学技術の「美」パネル展 優秀賞
作品名「花が動いて見える錯視 - 数学が産み出す錯視アート」
受賞者:新井仁之、新井しのぶ
 
                 
 
2013年9月
日本応用数理学会 日本応用数理学会論文賞 (JJIAM部門) 
論文名「Framelet analysis of some geometrical illusions.」
受賞者:新井仁之、新井しのぶ
 
                 
 
2008年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門) 
受賞理由:視覚と錯視の数学的新理論の研究 
受賞者:新井仁之     
 
                 
 
1997年3月
日本数学会 日本数学会賞春季賞 
受賞理由:複素解析と調和解析の研究
受賞者:新井仁之      
 
                 
                 
  研究業績             
  詳しくはこちら        
                 
                 
            
                 

このページの著作権は新井仁之にあります.本ページに記載の内容・画像の一部あるいは全部の無断転載を禁じます