錯視の科学館展示 No. 16  
                 
  新しい数学的方法を用いて作った   
  ハイブリッド画像   
     
  Hybrid images made by using a new mathematical method by Arai and Arai.   
                 
                 
          2012年5月27日 新井仁之,新井しのぶ   

                 
   ハイブリッド画像とは,高周波画像と低周波画像を合成して,遠くから見たときと近くから見たときで,異なったものが見えるように作成された画像です(Oliva, Torralba and Schyns,2006).たとえば,Oliva氏のウェブ     
  http://cvcl.mit.edu/hybrid_gallery/gallery.html   (Oliva氏のWeb)     
  にある 『Marylin Einstein』 は有名です.  
   以前,Marylin Einstein に刺激を受けて,新しい方法でハイブリッド画像の作成をしたことがありました.ここでは,その方法によるハイブリッド画像を展示します.  
   画像を近くから見るとバラが見え,遠くから見るとバラは見えなくなり,金閣寺がはっきりとわかるようになります.かなりパソコン画面から離れてご覧ください.  
                 
  ハイブリッド画像 薔薇と金閣寺  
  薔薇と金閣寺 (Copyright Hitoshi Arai and Shinobu Arai, 2012)   
                 
  遠くから見るとこんな感じです(ただしこれは単に縮小したもの).        
                 
  ハイブリッド画像縮小 薔薇と金閣寺  
                 
  カラー画像もOKです.これも画像からかなり離れてご覧いただくと,金閣寺がはっきりとわかり,バラの輪郭は見えなくなると思います.        
                 
  ハイブリッド画像カラー 薔薇と金閣寺        
  薔薇と金閣寺 カラー版 (Copyright Hitoshi Arai and Shinobu Arai, 2012)   
                 
  遠くから見るとこんな感じです(ただしこれは単に縮小したもの).       
                 
  ハイブリッド画像縮小        
                        
  以上は新しい方法を使った作成例です.  
                 
               
   ハイブリッド画像については,立命館大学の北岡明佳氏の『錯視入門』(朝倉書店)のpp.178-179 にも解説があります.錯視入門にも掲載されている北岡氏の作品(高知城と金閣,2008)は     
  http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/tagi3.html (北岡氏HP)  
  をご覧ください.ハイブリッド画像は,日本では東京大学の山口泰氏が研究をされています山口研究室のHP).  
                
                 

 
最新ニュース        
近くから見るときと遠くから見るときで異なった画像に見える旧来のハイブリッド画像を超えたスーパーハイブリッド画像の開発に新井・新井が成功しました.
数学による新しい表現方法 スーパーハイブリッド・アート をご覧ください   
                 

  錯視の科学館の外部からアクセスしている方は,次をクリックしてください.錯視の科学館入口です       
      錯視の科学館入口        
                 
このページの著作権は新井仁之にあります.本ページに記載の内容・画像の一部あるいは全部の無断転載を禁じます